お問い合わせ

クラウドデータプラットフォームSnowflake

 

このページでは、クラウドデータプラットフォームSnowflake(スノーフレーク)の
概要、特長、導入メリットをご紹介します。

 

Snowflake概要資料    Snowflake紹介セミナー

Snowflakeとは

Snowflake(スノーフレーク)は、企業のデータ活用プロセスをシンプルにするクラウドデータプラットフォームです。サイロ化されたデータを一元的に管理し、誰もがデータにアクセスして意思決定を行えるデータ分析基盤を実現します。

柔軟にスケール可能なクラウドベースのアーキテクチャと、同時実行性能の高さで現在最も注目されているデータマネジメントソリューションです。

Snowflake-Logo
 

To Mobilize the World's Data

データはさまざまなソースに分散し、日々増加しています。Snowflakeによって、データソース・サイズを問わず、あらゆるデータからビジネスインサイトを容易に、かつ即座に明らかにすることが可能となります。

(公式Youtubeチャンネルより拝借)

Snowflakeの特長

スケーラビリティ

将来的にデータ量・利用用途・利用人数が増えても柔軟に対応可能なアーキテクチャになっているため、事前の詳細な設計は不要です。

パフォーマンス

コンピュートクラスターはそれぞれ独立しているため、複数のタスクを同時に実行しても高いパフォーマンスを維持します。

データ共有

組織間でデータを瞬時に安全に共有可能です。データをコピーする必要はありません。

Snowflakeの特長①

クラウドのメリットを
最大限に活かすアーキテクチャ

クラウド上で利用する事を前提に開発されたアーキテクチャです。コンピュートノードとストレージを分離した設計により、クラウドのメリットを最大限に活かした自由度の高いスケーラビリティを実現します。これにより、従来のデータウェアハウスで課題となっていた大量同時実行処理などを解決します。

snowflake_architecture

Snowflakeの特長②

全てのワークロードが
専用のリソースを利用

全てのワークロード(データに対する処理)が専用のコンピュートリソースを利用しながらストレージにアクセスすることで、互いに影響を与えることなく処理を同時に実行できます。

snowflake特長②_静止

Snowflakeの特長③

コンピュートクラスタの
サイズを瞬時に変更

突発的な処理増加(負荷の高い処理などの発生)に対して、ウェアハウスサイズ(処理能力の高さ)の変更を実行処理を止める事なく、画面操作から即座に実施することが可能です。

snowflake特長③_静止-1

Snowflakeの特長④

コンピュートクラスタを
自動追加

オートスケールモードでは、利用ユーザー数の増加に合わせてクラスタ数が自動調整され、高いパフォーマンスを維持します。同時実行数が低下すると、追加されたコンピュートノードは自動的に一時停止します。

snowflake特長④_静止

Snowflakeの特長⑤

組織間でデータ共有

Snowflakeを利用することで、異なる組織間でデータを瞬時に安全に共有することが可能となります。データをコピーする必要がなく、容易にデータコラボレーションを実現できます。

snowflake特長⑤_静止

Snowflakeの特長⑥

Snowflakeエコシステム

Snowflakeは業界をリードする幅広いツール及びテクノロジーと連携することができるため、既に使用されているツールと組み合わせて利用することが可能です。

BI:Sisense, Tableau, Looker, Qlik, etc.
ETL:Talend, Matillion, Informatica, etc.
AI:Datarobot, H2O.ai, etc.

ecosystem-overview

Snowflakeの特長⑦

マルチクラウド
プラットフォーム対応

SnowflakeはAWS、Azure、GCPに対応しています。また、世界中のリージョンへの対応も進めているため、クラウドと地域を跨いだデータ共有が可能になります。国内では、AWS東京リージョンがサポートされています。

snowflake_service

Snowflakeの特長⑧

コスト最適化

Snowflakeは使用した分だけの費用が発生する従量課金モデルとなっています。そのため、オートサスペンド機能(一定時間使用されていないウェアハウスを自動停止)やオートスケール機能(同時実行数に応じてクラスタ数を自動調整)を活用することで、コストを最適化することが可能です。

※別途ストレージ使用料が発生します。

snowflake特長⑧_静止

Snowflakeの導入メリット

Snowflakeの顧客へ向けたアンケート結果をご紹介します。

0%

調査対象となった顧客の84%が、競争上の優位性を獲得したと回答しています。

0%

調査対象となった顧客の96%が、Snowflakeを使用することで管理の手間を軽減したと回答しています。

0%

調査対象となった顧客の95%が、組織的なリスク管理ができ、サービスのコストを下げることができたと回答しています。

INSIGHT LABのサービス内容

当社では、Snowflakeの活用に向けた提案、PoC実施サポート、導入、運用保守、既存DWHからの移行などをご支援いたします。また、BIツール・ETLも含めたデータ分析基盤全体の構築支援もご提供しております。以下のような課題をお持ちでしたら、お気軽にお問い合せください。

オンプレミス環境で増え続けるデータに対応できていない

基盤のメンテナンスに工数が割かれ、本来やりたいデータ活用に手が回らない

既存のDWHのパフォーマンスが悪化し、利用者から不満が出ている

BIツールも含めてデータ分析基盤を刷新していきたいが、自社には知見がない

Snowflakeによって、コストを抑えつつもハイパフォーマンスなデータ分析基盤を構築することが可能となります。
「Snowflakeの導入を検討したい」というお客様は、Snowflakeの特徴や導入メリット、運用開始までの流れ等をまとめた概要資料を是非ご利用ください。また、毎月2回程度紹介セミナーを開催しておりますので、こちらも是非ご参加ください。

 

Snowflake概要資料    Snowflake紹介セミナー

ブログで最新情報を発信しています

2 分で読むことができます。
DWH(データウェアハウス)とは? 定義・メリットをご紹介
5 分で読むことができます。
【禁断の比較?】SnowflakeとTreasure Dataを比べてみました
3 分で読むことができます。
OSSのBI「Metabase」からSnowflakeに繋いでみた
2 分で読むことができます。
Snowflakeのマスキング機能を試してみた
8 分で読むことができます。
Snowflakeのタスク失敗通知をAWSで実装してみた